PythonによるPDFの各操作のまとめ記事をつくりました

男子大学生の眉毛の整え方

とりあえず眉毛をどうにかしたいけど何すればいいかわからんという方向けに、私が実際にやっている眉毛の整え方を紹介します。

必要な物

使うものは次の通りです。

  •  コームとハサミ
  •  毛抜き
  •  カミソリ(金属の刃に持ち手がついたようなやつ)
  • アイブロウ(失敗したとき用)

アイブロウ単体

眉毛の処理方法

全体の流れ

まず、全体の完成形を想像します。

どんな感じの形にしようか決まったら、

手順1
コームで毛の流れを整える
コーム(くし)で眉毛の流れを整えます。眉毛を内側と外側に2分割したとき、内側半分は上向き、外側半分は左右(外側)斜め下向きに毛の流れを整えます。
手順2
毛の長さを整える
次は毛の長さを整えます。コームを皮膚表面と垂直になるようにして、手順1で整えた毛の流れの方向に毛を流し、はみでた部分をハサミできります。なかなか思い通りにならなかったりしますが、なんとなくやっていると切りすぎてしまうことが多いので、こまめに鏡から離れて全体を見ながら微調整します。とにかく切りすぎないように注意します。
手順3
いらない部分の毛を毛抜きで抜いていく
完成形の眉の形にするのに邪魔な部分は毛抜きで抜いていきます。少し痛いので、顔をあっためてからやるといいらしいです。皮膚を抑えながら抜くと抜きやすいです。
手順4
毛抜きが難しい部分はカミソリで切って整える
毛抜きは痛いし面倒になってくるので、手順3を経て残った邪魔な部分はカミソリでササッと切ります。毛抜きが痛ければすべてカミソリで整えるのもありです。

眉山は毛抜きでどうにかなる

細く薄くあまりへの字ではないやわらかい印象の眉毛にしたいものの、もともと眉毛が太かったり、への字の内角が小さめで主張が強い眉毛が現状の場合は、思い切って毛抜きで削って形を変えることを試みるのもありです。

私は実際にやってみたところ、あまり違和感なく眉山を削れました。

継続的に毛抜きでたくさん毛を抜く必要があり、皮膚にはあまりよくないとは思いますが、形を整えることを優先したい場合には試してみることをおすすめします。

失敗してもアイブロウがある

ちょっと切りすぎて周りと比べて薄い部分ができてしまったら、黒のアイブロウ(鉛筆みたいなもの)で軽く色をつけることである程度カバーできます。

眉毛を凝視されない限りは一目ではわからないくらいにはなるので、一つ持っておくと安心して眉毛を処理できます。


顔の産毛やけつ毛、全身の毛についてはこちら

【ケノン】男子大学生がケノンを1ヵ月半使った感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です